顕微鏡

顕微鏡用対物レンズ光学部品の最も初期の用途の1つは、小さな物体を拡大して見られるようにすることでした。これまでに、顕微鏡イメージングシステムはさまざまなアプリケーションで採用されており、当社の経験には、NAが3.3までのUV-VIS-SWIRの波長範囲での屈折と反射の設計が含まれます。

当社は、以下のような、さまざまなアプリケーションで顕微鏡用対物レンズとイメージングシステムを開発しています:

  • バイオテクノロジー向けの蛍光顕微鏡
  • 3D歯科イメージング
  • 眼科および脳神経外科用のデジタルステレオ3D外科用ズーム顕微鏡
  • 半導体検査用の偏光解析法とソリッドイマージョンレンズ 

X
当サイトの利用を継続することにより、 当社のプライバシーポリシーおよびCookieポリシーに同意したものとみなされます。
OK