自動化用Mx™

Mxは、測定に使用する機器によらず、繰り返し作業を自動化し、ユーザーとの不要なやり取りを排除するため、より楽に仕事を進められます。

Mxは、さまざまな自動化ツールを使用して、ワークフローを単純化するよう設計されています。

主な特長

堅牢な測定の最適化により、当て推量を排除します。自動フォーカスと傾き調整の他に、Cognex® VisionPro™による機能認識も可能なMx™は、測定から手作業を排除するのに必要なあらゆるツールを備えています。

GUIベースのレシピ – インタラクティブなクリックアンドドラッグ レシピエディタを使用して、ボタンを1つ押すだけで実行できる測定ルーチンを作成できます。簡単に拡張できるようスクリプトと統合されているため、タスクを2回繰り返す必要はありません。

強力なスクリプト言語 – Pythonを使用したMxスクリプトパッケージにより、タスクの自動化や機能拡張の素早い反復が可能になります。

リモートアクセス – リモートアクセスプロトコルにより、ローカルで、またはMx™とZYGOの計測システムを使用して、ネットワークインターフェースを通じて直接、外部アプリケーションをローカルで実行できます。中央コントロールパネルから各システムを制御するか、同じMATLAB®、C#、またはLabVIEW™プログラムから実験用の装置と機器を制御します。

MATLAB®は、The MathWorks, Incの登録商標です。LabVIEW™は、National Instrumentsの商標です。VisionPro™およびCognex®は、Cognex Corporationの商標または登録商標です。

X
当サイトの利用を継続することにより、 当社のプライバシーポリシーおよびCookieポリシーに同意したものとみなされます。
OK