Compass™

マイクロレンズプロセス計測システム

ZYGOのCompass™ 計測システムは、自動車用ビジョンシステム、スマートフォンやタブレット用のカメラなどのコンパクトなイメージングシステムに欠かせないディスクリートマイクロレンズと金型の、自動化された非接触式3D表面計測とプロセス制御の基準を定めます。

貴社の計測ニーズに応じて、Compass™システムには2つのモデルがあります。

  • Compass – マイクロレンズの表面形状と偏差、トポグラフィ、および関係/寸法パラメータの精密計測のためのZYGOの高度なソリューション。これは、球面または非球面マイクロレンズとそのアライメント機能の完全な特性評価が必要な用途に最適です。
  • Compass RT計測システムCompass RT – マイクロレンズの関係/寸法パラメータの精密計測と、一般的な形状測定用途のための高速かつ柔軟なシステム。これは、形状偏差計測が必要ない場合に最適な選択肢です。

強力な分析ソフトウェア

Compassシステムには、データ取得、分析と視覚化、および機器のハードウェア自動化の主な機能を提供する、ZYGOの包括的なMx™ ソフトウェアプラットフォームが装備されています。Compassシステムの多機能アーキテクチャは、モールドピンやディスクリートレンズなど、さまざまな部品や計測パラメータの測定に対応します。

  • 詳細
  • パンフレットと
    仕様シート
  • アプリケーション
    ノート
  • マニュアル
  • 技術文書
  • 動画

実績のあるテクノロジー

Compassシステムの中核を成しているのは、業界をリードする精度と汎用性と速度、再現性の高い測定を実現する、垂直走査低コヒーレンス干渉法 (CSI) に基づくZYGOの光学プロファイラ技術です。Compass™とCompass™ RTに固有の機能は、非球面形状と偏差の測定、リレーショナル/ディメンション測定です。

形状と偏差

  • 球面または非球面レンズおよび金型の表面形状の非接触全表面3Dマッピング
  • 数百万のデータポイントを使用した、サブナノメートルの高さ精度の表面形状と偏差
  • 設計からの形状偏差の高度な解析
  • 非対称性を素早く自動的に解析
レンズからデータムへの特性化

リレーショナル測定とディメンション測定

  • 片面または両面レンズの定量的測定と解析
  • 各データム解析とレンズ部から各データムの解析
  • 偏芯インターロック径
  • 環状部の平坦度、厚み、平行度とウェッジ
  • レンズ頂点の高さ、偏芯、中心の厚み、および頂点から頂点への偏芯