光学系

光学系は、モバイルデバイスのコンパクトカメラレンズアセンブリから、タイムリーな通信、天気予報と監視を更新する人工衛星の望遠鏡まで、消費者が普段使用するさまざまな製品に欠かすことができません。  各光学系は、アセンブリとして適切に調整された場合に特定のレベルの性能を満たすように設計された複数の光学コンポーネントで構成されています。寸法と用途の違いにも関わらず、各アセンブリに必要な計測法は、動作波長での重要な測定値を特性化するための主要な計測装置であるZYGOのレーザー干渉計と非常に類似している場合があります。

レンズアセンブリ

レンズアセンブリレンズアセンブリは、リソグラフィの対物レンズからスマートフォンのカメラまで、あらゆるものに使用されていますが、最終用途によらず、すべてのアセンブリをテストして、性能仕様を満たしていることを確認する必要があります。透過波面誤差を使用して、レンズアセンブリが正しく構築され、期待どおりに動作することを確認します。

望遠鏡

望遠鏡光学アセンブリ望遠鏡は通常、非球面の大きい主鏡とより小さい副鏡で構成されます。これらは通常、放物面または双曲面の形状を持ち、非常に厳密な表面形状仕様が必要になります。大型望遠鏡用の鏡は、このような厳しい要件で測定する際の課題を提示します。これまで、干渉法に必要な安定性でこれらの鏡を取り付けることは困難でした。環境振動は測定結果に大きな影響を及ぼす可能性があり、それらを確実に測定できない場合は、高品質の光学部品を製造するのは困難です。ZYGOのQPSI™テクノロジーは、通常の振動源による問題を排除し、信頼性の高いデータを提供します。

システムのアライメント

光学アセンブリには、レンズ要素間の精密なアライメントが必要です。干渉法を使用して、適切なアライメントに到達したことを確認できますが、動的干渉法を使用することで、リアルタイムのシステムアライメントが可能になります。光学系のテストとアライメントには、リアルタイムの波面データを捉えて表示する、DynaFiz®干渉計とLivePhase™ 取得のユニークな機能を活用できます。

 

X
当サイトの利用を継続することにより、 当社のプライバシーポリシーおよびCookieポリシーに同意したものとみなされます。
OK