医療機器

医療機器とインプラントの形状と粗さ

股関節インプラント

一度に測定された粗い転移と滑らかな転移
一度に測定された粗い転移と滑らかな転移

現在、40歳以上の成人人口のうち、90%近くが骨の変性に苦しんでおり (Nag and Banerjee、2012)、その大半は股関節や肩関節などの部位固有の損傷を伴うものです。

これらのインプラントの製造と機能には、適切なオッセオインテグレーションを可能にする独自の材料とプロセスを用いる必要があります。インプラントの緩みを軽減または排除するには、人体の自然な骨成長の結合に適した表面テクスチャが必要になります。

プロセスの安定性を定量化するには、非常に粗い表面から滑らかな表面まで、繰り返し測定できるダイナミックレンジを持つ計測が必要です。

* Nag, Soumya, and Rajarshi Banerjee. "Fundamentals of Medical Implant Materials." American Society for Materials Handbook, vol. 23, pp. 6-17.*

X
当サイトの利用を継続することにより、 当社のプライバシーポリシーおよびCookieポリシーに同意したものとみなされます。
OK