積層造形部品

積層造形部品の精密計測

積層造形 (AM) は、機械加工などの従来の減法的手法を補完する、比較的新しい、進化しつつある手法です。AMの主な利点は、複雑な形状を製造できることと、減法的手法では製造が難しい内部要素の作成が可能なことです。ただし、AMの主な欠点の1つは、表面の品質と寸法公差の制御が弱くなることです。

現在、AMで生成できるさまざまな表面の表面トポグラフィとテクスチャの特性評価の必要性が高まっています 産業と技術の進歩に伴い、メーカーは、さまざまな表面、材料、部品の形状の表面形状、テクスチャや幾何学的特徴の正確な測定を必要とするようになりました。

積層造形部品の3D表面測定

AMで生成された表面や部品の正確な表面トポグラフィ測定は、多くの光学計測手法では困難な作業を伴う場合があります。革新的なコヒーレンススキャン干渉計測 (CSI) に基づくZYGOの3D光学プロファイラは、特許取得済みのMoreData™テクノロジーを利用して高勾配または低反射率の表面の要素を正確に素早く測定できるため、AM部品のプロセス開発と品質管理に非常に有用なツールとなります。

要約すると、ZYGOのCSIテクノロジーは、AM部品の表面計測に次のような大きな利点をもたらします:

  • 非接触式3D領域技術 • 高データ密度かつ高速 (1回の測定にかかる秒数)
  • すべての倍率でサブナノメートルの高さ精度
  • 高いダイナミックレンジ (HDR) と低い信号雑音比 (SNR)
  • 高勾配、粗い/低反射率表面のデータ取得
  • (低倍率から高倍率までの) 可変測定領域 • 強化された表面トポグラフィの視覚化とリアルカラーイメージング

X
当サイトの利用を継続することにより、 当社のプライバシーポリシーおよびCookieポリシーに同意したものとみなされます。
OK