摩耗と体積の分析

表面の体積特性の測定は、潤滑面の摩耗解析が最も一般的ですが、接着、多孔性、粒子分布など、その他のさまざまなアプリケーションでも使用されています。

材料摩耗分析

トライボロジー研究では、全体像を理解するために摩耗痕を理解し定量化することが重要です。ZYGOの3D光学プロファイラシステムは、磨耗していない領域から摩耗痕をすばやく区別し、定量的計量を提供します。よく見られる測定基準には次のようなものがあります:

ボイド
  • 体積
  • 最大と平均奥行
  • 領域
材料の押し上げ
  • 体積
  • 最大と平均高さ
  • 領域

表面テクスチャと材料比分析の説明

トライボロジー研究の一環として摩耗痕を理解することに加え、テクスチャは表面性能を大きく左右し、表面の振る舞いに関する洞察を提供できるため、表面仕上げを正確に記述し定量化できることが重要です。これまで、表面の記述には、平均粗さ (RaまたはSa) が使用されてきましたが、これは表面の状態を完全に描写するには不十分なことが多く、歪度 (Ssk)、尖度 (Sku)、または材料比パラメータなど、その他のパラメーターを追加することで、表面の状態をより的確に説明するのに役立ちます。

ベアリング比分析またはアボット・ファイアストーン曲線とも呼ばれる材料比分析では、表面の分布を高さの関数とみなします。これは、エンジンシリンダーボアの側壁のような磨き上げられた平面や層状の表面について説明しようとするときに特に役立ちます。たとえば、突出谷部深さ (Svk) を使用して表面の潤滑剤保持能力を理解し、コア部の実体体積と空隙容積 (VvcとVvv) を使用して保持される潤滑剤の量を理解することができます。

X
当サイトの利用を継続することにより、 当社のプライバシーポリシーおよびCookieポリシーに同意したものとみなされます。
OK