全体の厚みのムラ (TTV)

測定用に取り付けられた薄いガラスディスク私たちが毎日使用する製品と、将来に向けて開発中の製品は、ウエハー、ディスプレイガラス、ディスクドライブ、エタロン、導波管などの高精度のパラレルオプティクスの需要を生み出しています。  全体の厚みのムラ (TTV) として知られる、このような光学部品の厚みのばらつきは、正確な定性化と制御にとって、非常に重要になる場合があります。  TTVは、平行窓または同心球面光学部品の厚みの最大の物理的変動を定義しますが、これを光学的に測定することも可能です。  光学測定により、広い領域を高い横方向サンプリングレートと極めて小さい垂直方向分解能で測定することができます。  

Verifire MSTは、厚みのばらつきの正確な制御が要求されるコンポーネントのTTVを定性化するのに最適です。各表面の同時データ取得により、厚み測定中の各表面間の情報が維持されます。  その他の光学的測定方法では、各表面を複数回個別に測定する必要があるため、厚みのばらつきによる測定誤差が生じます。

X
当サイトの利用を継続することにより、 当社のプライバシーポリシーおよびCookieポリシーに同意したものとみなされます。
OK