光学材料の均一性

光学材料の均一性

光学部品の重要な特性の一つは、素材の屈折率が均一であることです。  材料の不均一性は、ガラスの屈折率のばらつきの原因となります。これは、脈理と呼ばれる鋭い紐のような領域の形をしている場合もあれば、サンプルのより広い領域に及ぶ屈折率の勾配として生じる場合もあります。  材料指数の変動を定性化して、その影響が材料を使用する特定の光学設計の公差内であることを保証する必要があります。

ZYGO レーザー干渉計製品は、光学材料の均一性を認定するためのさまざまな機能と、当社の包括的なMxデータ取得・分析ソフトウェアによるビルトイン分析を提供します。

Verifire MST –マルチサーフェステスト用干渉計は、窓の透過波面を同時に測定し、表面変形の影響を排除することにより (精密な材料測定を実現するために必要) 、平面平行窓の材料の均一性を定性評価するのに適しています。  MSTを使用した同時測定により、測定の不確定性を低減することで、最も精度の高い結果を得ることができ、他の計測方法では失われる、均一性の重要な線形成分の情報も維持できます。

Verifire 干渉計とDynafiz干渉計は、材料の均一性測定用に特別に設計された取得・分析ソフトウェアパッケージを使用することで、ウェッジ付き光学部品の場合と同等の測定能力を実現します。

X
当サイトの利用を継続することにより、 当社のプライバシーポリシーおよびCookieポリシーに同意したものとみなされます。
OK